図書館シリーズより


手塚は携帯電話のディスプレイを睨んでいた。時間が経ってスタンバイ状態になっては戻し、なっては戻し、それを繰り返す。ディスプレイには、090で始まるとある番号が浮かんでいる。
すっと息を吐き、通話ボタンを押した。
「俺」
「ああ、珍しいな。お前から電話なんて」
「…何した?」
兄は、弟の唐突な質問にどことなく嬉しそうな声で「うん?」と答えた。
「何の話?」
「笠原だよ。何言ったんだよ、手紙で」
「何って、別に何も」
「何もってことないだろ!」
つい怒鳴ってしまって、慌てて声を落とした。寮のロビー脇、門限に近いこの時間であれば目立たない場所ではあるが、誰に聞かれるとも限らない。
「あいつ、もの凄い大泣きして出てきたんだぞ、今日」
「──…へえ、そう」
柴崎にも聞いてみたのだが、「あたしにも喋らないのよあのバカ」と吐き捨てた。彼女にさえうち明けていない、ということは本当に喋らない気なのだ笠原は。
「彼女は何て言ってた?」
「…仕事には支障ないって」
「なら、お前には関係ないことだな」
兄の声の温度が、すっと下がった。
「彼女が言わないことを、俺が喋るわけにはいかない」
手塚は、ちっと軽く舌打ちした。こうなれば、兄は絶対喋らない。言いたいことを言っておくしかない。効果のほどはともかく。
「…もう手出すなよ」
「ふん? やけに気にしてるじゃないか」
「御しやすく見えても、あいつ、一番厄介なタイプだよ。特に兄貴には」
電話口で、兄が少し黙り込んだ。ややあって、「そうかもな」と答えた兄の声は苦り切っていて、手塚は意外に思った。勢い込んで続ける。
「あいつには強力な味方もいるし」
「知ってるよ。じゃあな」
兄は唐突に電話を切った。電話をかける方が弟だったことも珍しければ、切る方が兄であることもまた珍しかった。



「手塚」
ぱたりと携帯電話を閉じたとき、背後から声がかかった。ぎょっとして振り向くと、堂上である。寮に戻ってきたところらしい。残業でもあったのだろうか。
「…すまん、耳に入った」
いいえ、と手塚は笑った。寧ろ他の人間に聞かれるよりも、事情をおおよそ知っている分、気が楽だ。
堂上は、答えたくないなら答えなくて良いと前置きした上で、
「今のは、手塚慧か?」
微妙な表情だったのは、部下の私的な電話のことを聞くのが躊躇われたからだろう。だが別に、堂上に隠すような内容を聞き出せたわけでもない。
そうです、と手塚は頷いた。
「笠原のことか」
「はい」手塚は肩を竦めてみせた。
「気になって聞いてみたんですけど、何も聞き出せませんでした」
「まあ、そうだろうな。あいつなら」
「本人は何もしてないって言うけど、どうだか。普通まずそう言いますしね」
「…お前の兄は「普通』の範疇なのか」
「……否定する材料はありませんが」
二人は同時に苦笑いを漏らした。堂上が促したので、手塚も一緒に部屋に引き上げるため階段を上った。歩きながら、小声で会話を続ける。
「笠原に手を出すなと、一応釘は指しましたけど──たぶん同じ手は使わないとは思います。弟の意見としては」
「同意見だ」
堂上は、にやっと笑って手塚の肩をぽんと叩いた。
「今度連絡がきたら伝えておいてくれ。二度目は容赦しない、とな」
「……了解」

あれは本気だなあ。手塚は自室へ引き上げていく男の背中を、思わず敬礼して見送った。



---
…てなことが笠原の知らないところで起こっているといい。
[PR]
# by generalx | 2007-04-16 22:08 | 言の葉 | Comments(0)

"TIA"-This is Africa.

「ブラッド・ダイヤモンド」鑑賞。

『脱アイドル』というディカプリオの演技はなかなかでした。






・開始30分でディカプリオに死亡フラグを見てしまい、ちょっとやる気が削がれました。
・あと大佐が出てきた瞬間にハムナプトラ!と思って、
・次いで役名が思い出せずに、気になって更に気が逸れました。
・エンドロールになってやっと想い出した。イムホテップ!
・すっきり。
・…いや、そこでなくて。
・本編はえっと、体当たり演技が好感持てました。みんなね。
・レオたんが、微妙にいい人になりきれてなかったり、なりきれてたり、そのへんの微妙な感じが好みでした。
・『人間そんなに簡単に変われるもんじゃないよね』っていうか。
・いくら戦場慣れしているレオたんがいるからって、ちょっと運が良すぎるとかそういうことは映画なので考えてはいけない。
・RUFの容赦のないところ、すごかったなあ。
・なんだか同じ世界で起きていることとは思えない…。確かに現実なのにな…。
[PR]
# by generalx | 2007-04-14 00:57 | 映画 | Comments(0)

たらいまわし・本のTB企画 第32回「ねこ・ネコ・猫の本」

a0098093_18195246.jpg
なんて素敵な企画!
ブログならではですね。新参者ですが飛び入り参加させて頂こうと思います。

主催者がたらいまわしで決められ、主催者が決めたお題で本を紹介していく「たらいまわし・本のTB企画」、通称「たら本」。
今回の主催は柊舎のむつぞーさん。
(読書系ブログではありませんので、不都合があればトラックバックは削除して頂いて構いません)

お題は『ねこ・ネコ・猫の本』です。
---
猫と本あるいは猫と文学…というのは、とっても似合うとおもいませんか?
時に愛らしく、時にふてぶてしく、身近な存在でありながらミステリアスな雰囲気をもつ猫。多くの作家達にも愛された猫は、いろんな本に登場していると思います。
そんな猫が出てくるお気に入りの本を教えて下さい。
---

にゃんこはいいよね…。



猫探偵・正太郎の冒険1 猫は密室でジャンプする
最初に思い浮かんだのがコレ。
ミステリーとしても一級品だが、猫の愛らしさもまた一級品。猫視点で語られる人間模様が実に面白い。賢い正太郎が本当にかわいいのです。犬もちゃんと出てきます。
ちなみにシリーズとしてはこの前にもう1冊あり、現在4まで出ています。


100万回生きたねこ
もう言わずもがなな感じですが。
(あ、絵本でもいいのかな?)


本というか、岩合光昭さんの写真は癒されます。思わず顔がふやけてしまう(笑)
野良猫シリーズのカレンダーを毎年買っています。かわいいの。
(注意して見れば写真雑誌でもよく拝見するし、著名な方なんだと知ったという…)

あと漫画ですが、「みかん絵日記」は泣きます。
たぶん今読んでも泣くと思う。

これは余談ですが。
「怪~ayakashi~化猫」というアニメ作品がとても好きでした。
三部作の三部目で、たった三話なのにクオリティの高さに目を見張りました。
[PR]
# by generalx | 2007-04-12 20:09 | バトン | Comments(2)

うそこメーカー

如月葵Tシャツ

安!
けど当たっていないこともないな!(笑)


こういうの考える人はそうとう頭が柔軟(且つ暇)だよなあと思う。
[PR]
# by generalx | 2007-04-10 08:01 | 日記 | Comments(2)

抹茶

a0098093_14221320.jpg

何杯目だよ。
(でも飲む)
[PR]
# by generalx | 2007-04-08 14:22 | 日記 | Comments(0)

ひかり

a0098093_10454232.jpg

ひかりの白
[PR]
# by generalx | 2007-04-08 10:45 | 日記 | Comments(0)

長楽館

a0098093_1633118.jpg

雨ですか…。

長楽館のバルコニーに座れました!すごい!
[PR]
# by generalx | 2007-04-07 16:33 | 日記 | Comments(0)

早起き!

a0098093_9433524.jpg

7時くらいにイノダ本店に行ってコーヒー。

頑張った。
[PR]
# by generalx | 2007-04-07 09:43 | 日記 | Comments(0)

夜間参拝

a0098093_2004412.jpg

二条城のライトアップ。

すごい人だな…。
[PR]
# by generalx | 2007-04-06 20:00 | 日記 | Comments(0)

そうだ

a0098093_14573892.jpg

そうだ京都、行こう。
[PR]
# by generalx | 2007-04-06 14:57 | 日記 | Comments(0)

葵による日々徒然


by generalx
プロフィールを見る